セキュリティー

防災管理について

◆校舎の耐震
平成19年より5ヶ年計画のもと、聖徳学園の主要な校舎は、耐震補強工事を済ませております。
校舎は、構造耐震指標のIs値0.7を超えております。

※建物の耐震性能については、国土交通省によると「構造耐震指標」でIs(アイエス)値と呼ばれる数値が0.6以上であれば「地震に対して倒壊するまたは崩 壊する危険性が低い。」とされています。文部科学省では、地震時の児童生徒の安全性、また災害時の避難場所としての機能性を考慮して、「補強後のIs値が おおむね0.7を超えること。」としています。

◆防災備蓄
校舎とは別に、2つの防災倉庫があります。倉庫の中には、次のものを備えております。
・食糧 ・水 ・寝袋 ・毛布 ・発電機 ・懐中電灯 ・電池 ・簡易トイレ
・救急箱セット ・タンカー ・車椅子 ・工具 その他

24時間365日常駐警備と防犯カメラ

聖徳学園では、警備会社と契約し、保安専門スタッフが24時間365日常駐警備を行っております。生徒の安全を図るため、警備スタッフは日中は正門で入校者の確認を行っています。夜間においても、不審者の侵入を防ぐためのセキュリティシステムを完備しています。
また、門及び校舎入口には防犯カメラを設置し、不審者の侵入を監視しております。

武蔵野市市内安全パトロール隊(ホワイトイーグル)

武蔵野市が実施している市内安全パトロール隊(ホワイトイーグル)は、本校に日に数度立寄り、毎日安全に関する情報交換を行います。

武蔵野市防災無線

武蔵野市が実施している災害無線です。地域内で警報・注意報が発令された際には、敏速に連絡を受けることができます。また、災害時には防災無線を通して、武蔵野市より諸々の情報を受け取ることができます。

緊急地震速報受信装置

事務室には、コクヨの緊急地震速報受信装置が設置されています。大地震発生時には、速やかに校内放送にて警報を発令し、安全を確保します。

学校110番非常通報装置

職員室及び事務室には、非常通報装置が設置されています。非常時には、ボタン一つで、警察への通報が可能です。

避難訓練の実施

非常時に備え、火災や地震に対する避難訓練のほかに、不審者侵入を想定した避難訓練を、全教職員及び全生徒参加の下、年に1度実施しております。

緊急連絡網

非常時には、通常の電話による連絡網のほか、本校が運営する携帯サイトにより、緊急情報を受け取ることができます。また、事前に登録いただければ緊急メールを受け取ることもできます。

AED(自動対外式徐細動器)

生徒等の心停止などの緊急時に備え、日本光電製のAEDを設置しております。武蔵境キャンパスに3台、三鷹キャンパスに1台設置しています。

保護者入校証

不審者対策のため、教職員一同、校内では声掛けを積極的におこなっています。保護者の方にもIDカードを配布し、着用をご協力いただいております。

pageTop