【JICA連携】高校2年国際貢献プロジェクト

中央大学国際交流センターと連携

JICA、中央大学国際交流センターと連携で行っている、開発途上国への貢献をテーマとした高校2年国際貢献プロジェクト。昨年度の学年が作成した、ルワンダの英語教育の質の向上を目指したアルファベット表と怪我をした時の救急治療の仕方を記したポスターが、中央大学学生で現在ルワンダでプログラミング教育支援の活動をしている野口さんを通じて、無事現地の学校に届けられました。ポスターも気に入ってもらえたとのことです。生徒たちの作品は様々な手段を通して、少しずつ現地に届けられています。1つ1つは問題解決という目から見ると非常に小さいものですが、その積み重ねがきっと世界に大きな変化を生んでくれるものと思います。

pageTop