テニス部(個人戦ダブルス)

都大会個人戦ダブルス

中学テニス部です。

都大会個人戦ダブルスの部が行われ、中学3年小林・田中が現在ベスト4進出。

仁島・鈴木ペア、轟・馬場ペアは惜しくも5位。

3ペアは関東大会出場が決定しました。

全国は団体戦だけでなく個人戦も狙っていきます。

丹下・蔵藤は1回戦負け。

高校男子はインターハイ予選5回戦白鴎高校に2ー1で勝利。

続く都第3シードの成城学園との試合はダブルスを接戦で7ー5で撮った後、シングルス二人が負けて敗退。

東京都でベスト16でした。

約280チームの中での2年続けてベスト16は素晴らしいですが、関東大会まで後1歩でした。

成城に2年続けて負けたのは残念ですが、ダブルスを取り、一矢報いることができました。

1、2年生中心のチームです。

秋の大会ではトップ4以内を狙って行きます。

女子は2回戦でシード校の十文字に1ー2で敗退。

1年生ペアがダブルスを6ー0で取り、力がついていることを示してくれました。

春の高校の大会がすべて終了し、これで3年生は引退です。

それぞれが色々な思いで取り組んできた6年間、3年間が終了です。

これからは自分の進路に向けて頑張ってくれることでしょう。

pageTop