テニス部関東大会優勝

関東大会2年連続優勝

テニス部です。

千葉県で行われていた関東大会(全国大会予選)で2年連続の優勝を飾りました。

暑さもつらいですが、風もあり、ベスト4がすべて東京。

みんな聖徳を倒そうと食らいついてきます。

準決勝東海大菅生とは激戦で、3ー2で勝利。

ダブルス2 丹下・鈴木が4ー6で落とし、ダブルス1はものすごいシーソーゲームに。

最後はタイブレイク13ー11というスコアで勝利。

その間にシングルス3の田中が相手のエースに4ー6で負けていたので、ダブルス1が負けたら0ー3で敗退の淵にいました。

決勝は成蹊。ダブルス2丹下・鈴木は2ー6で敗れたものの、ダブルス1 馬塲・轟が6ー4で勝利。

シングルス3の田中は相手のエースとまたぶつかり、0ー4から挽回し、最後はタイブレイク8ー6で勝利。

この試合をしている間にシングルス2の小林が6ー1で勝利し、最後仁島が6ー3で勝ち、4ー1で優勝しました。

千葉まで20人を超える部員が応援に駆けつけてくれて、声を枯らして声援を送ってくれたのが選手の励みになりました。

精神的にもとてもたくましさを身につけています。

ぜひ18日からの大阪で再度日本一を取りに行きます。

ありがとうございました。

pageTop