高校 難関国公立クラス

より広く、より深く、そしてより高く

難関大学合格は、勉強のゴールでしょうか。
なぜ勉強をするのですか。自分が安心して豊かに暮らすためだけですか。

Innovation -今の世界を少しでも変革するために、聖徳学園の先輩は、社会のさまざまな分野でがんばっています。
優秀な教員と友人・広い同窓生のネットワーク・整った学習環境を備える難関大学での学びは、新たな世界を切り拓くスタートラインとなります。本校教員による厳しい指導、高い志を持った仲間とともに磨きあう3年間。自分のためだけではなくみんなと一緒に頑張っていきます。

難関大学に向けて

難関大学、国内のグローバル系大学、さらには海外大学への進学を目標として、下記のように体系的な3年間を過ごします。

■高1
高校から入学した生徒だけでの単独クラス。課外の進学セミナーへ積極的に参加します。

■高2
一貫生の成績優秀者と合流、文系・理系の選抜クラスに分かれて互いに切磋琢磨します。高大連携のプログラムにも挑戦します。

■高3
進学セミナーの超難関国立大進学コースや難関大コースなどを選択し、目標校合格に向けての実践的な学習を行います。

学力に応じた習熟度別授業

英語・数学は高2 終了までで高校課程の内容を終わらせる先取りのカリキュラムを実施。高3は演習中心の授業を行います。

■英語
最初は高入生だけでの授業。高1の途中から一貫生と合流し、習熟度別クラスに分かれ、上位のクラスに入ります。

■数学
高1は高入生だけでの授業。途中から高入生の中で習熟度別のクラスに分かれます。高2で文系・理系に分かれ、高入生だけでの習熟度別授業。高3で一貫生と合流し、応用力を磨きます。

InputからOutputへ

国語・社会・理科の授業は、一貫生の選抜クラスと同等のハイレベル。覚えるだけでなく、考え、そして伝える力を育てます。

■視点
立場を変えると物事は異なって見えます。多様な角度から物事を見る姿勢を身につけさせます。

■思考
「なぜだろう」という素朴な疑問から、その理由を考える思考のプロセスを大切にします。

■発信
Quiet Japaneseなんて言わせない。自分の考えをさまざまな機会で積極的に表現させる場を設け、国際社会で通用する資質を高めます。

pageTop